介護職に従事している方へ

医療的ケア(喀痰吸引等)研修ご案内

介護職員の方へ、たんの吸引等実践のために
医療的ケア(喀痰吸引等)研修を受講しましょう。

研修の様子

社会福祉士及び介護福祉士法が改正され、平成24年度より介護職員等によるたんの吸引及び経管栄養が制度化されました。これにより、平成27年度以降の介護福祉士国家試験から医療的ケアの内容が追加されています。

品川介護福祉専門学校では、介護サービス現場で勤務されている職員の方が、必要なケアを安全に提供でき適切な喀痰吸引等を行うことができるよう医療的ケア研修(喀痰吸引等研修)を開催しサポートします。

研修修了者には、喀痰吸引等研修修了証明書を交付します。

※本校は、平成26年度から東京都喀痰吸引等研修登録機関として、研修
 を実施しています
研修概要
研修日程
研修の流れ
本校で受講をお考えの方

研修概要

基本コース 基本研修修了者コース
研修内容

全研修課程(①+②+③)
①基本研修(講義)8日間:講義50時間
 6~7時間/1日 (筆記試験有)
②演習+実技試験 2日間:14時間
 喀痰吸引、経管栄養の演習と実技試験
③実地研修
 ①②終了後、受講者所属の施設等で実施
※事前に実施研修先を確保の必要があります

実地研修(③のみ)
③実地研修
受講者所属の施設等で実施
※事前に実施研修先を確保の必要があります

対象者 都内または隣接県に所在する施設・事業所に所属する介護福祉士、介護従事職員 本校の医療的ケア研修及び介護福祉学科において基本研修を修了した者
募集人数 30名   ※定員になり次第受付を締切らせていただきます
受講料 品川区内勤務者 30,000円
品川区外勤務者 40,000円
*受講料は、講師料、講習代、演習消耗品代、損害保険料、事務手数料等を含みます
*受講料は、事前支払いです
テキスト代(2,160円)が別途必要です
*再試験料、補講料等については別途必要です
基本研修修了者 3,000円
*受講料は、損害保険料、事務手数料等を含みます
研修日程 〈基本研修〉
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 8日目 9日目 10日目
5/30(火) 6/6(火) 6/13(火) 6/20(火) 6/27(火) 7/4(火) 7/11(火) 7/18(火) 9/12(火)〜20(水)の
指定する2日間
時間:9:30~17:15(予定)
※9日目・10日目の日程・時間帯は、研修開始後に決定します

〈実地研修〉
平成29年10月~平成30年2月(ただし、基本研修修了者は受講開始後から実施可能)
主催・会場 社会福祉法人 品川区社会福祉協議会 品川介護福祉専門学校 (東京都喀痰吸引等研修登録機関)
※実施課程:社会福祉士及び介護福祉士施行規則附則第4条に規定される喀痰吸引等のうち、第1号研修及び第2号研修

研修日程

平成29年度 医療的ケア(喀痰吸引等)研修日程表

<基本研修>

【第1日目】5月30日(火)

【第2日目】6月6日(火)

【第3日目】6月13日(火)

【第4日目】6月20日(火)

【第5日目】6月27日(火)

【第6日目】7月4日(火)

【第7日目】7月11日(火)

【第8日目】7月18日(火)

【第9日目】【第10日目】
9月12日(火)〜9月20日(水)
の指定する2日間

研修時間について

※各受講日ごとに、研修時間が異なります。(概ね9:30〜17:15)

※第9日目、第10日目の日程・時間帯は、研修開始後に決定します。
その他補講等が必要になった方は、日程が追加・変更になる場合があります。


<実地研修>
平成29年10月〜平成30年2月(ただし、基本研修終了者は受講開始後から実施可能)
研修の様子

研修受講の流れ

研修受講の流れ

※指導看護師とは

指導看護師は、医師、保健師、助産師又は正看護師(准看護師は不可)の資格を有し、次のいずれかを修了している方になります。
① 臨床等での実務経験を3年以上有し、都(財団主催)の「指導看護師研修会
  (2日間)」
② 国の「喀痰吸引等指導者講習」
③ 都(財団主催)や他県が主催した「喀痰吸引等指導看護師研修」
④「実務者研修教員講習会及び医療的ケア教員講習会の実施について」
  (平成23年10月28日付け社援発1028第3号)通知に定める
   「医療的ケア教員講習会」

本校で受講をお考えの方

※次の事項を必ずご確認・ご了承の上お申し込みください。

品川介護福祉専門学校における医療的ケア(喀痰吸引等)の研修を受けた方は、一定の基準を満たす事業所『登録喀痰吸引等事業者(法附則第20条の登録特定行為事業者を含む)』において、喀痰吸引及び経管栄養を実施することができることになります。

具体的には、日常生活を支える介護の一環として、のどにたんがつまり息苦しくなっている利用者に、医師の指示を受け看護師の指導の下にたんの吸引を実施することと、口から食事をすることで誤嚥の危険があり、経管栄養を実施されている利用者の食事の準備からセット、その後の観察などを実施します。
 この研修は50時間の講義と14時間の演習を本校で行い、その後の実地研修は所属されている施設・事業所(法人内の他の施設・事業所)で行っていただきます。申し込みの際は実地研修場所とともに担当指導看護師の届け出も必要になり、本校での斡旋はしていません。各自で検討していただくことになりますのでご注意ください。

基本研修における講義や演習の内容は、利用者の安全確保のためにも医療的な項目が多く、広く深く学習していただくことになります。実務につきながら長時間の研修となりますが、心身共に万全な状態でゴールを目指してください。

研修対象者

下記に示す対象施設・事業所に所属し、痰の吸引等を行う介護職員等の方が対象となります。

不特定多数の
者対象研修

利用者区分 対象施設・事業所種別
高齢者 介護老人福祉施設
介護老人保健施設
特定施設入居者生活介護事業所
認知症対応型共同生活介護事業所
地域密着型介護老人福祉施設
地域密着型特定施設入居者生活介護事業所
障害者 障害者支援施設
障害福祉サービス事業所
障害児施設(医療機関を除く)

※医療機関等に所属している介護職員等は、本研修の対象とはなりません

研修の様子

受講申込みの流れ